2018年11月11日(日)
 レポート:渡邊 大地
 南伊豆中木:(カツオ島裏本場)
 AM6:30 出船

横浜真ぐれ会メンバーの川久保さん、新井さん、石綿さん、
鈴木(章)さん、渡邊の5名で
南伊豆・中木へ翌週に控えたサンラインカップの練習を兼ねて釣行してきました。

  

今回はトーナメントの練習という事もあり、
25p以上5尾の総重量。
ジャンケンで優先権を決めて前半と後半で釣座を交代する方式をとりました。
私は前半優先権がなく、横一列の1番左側に入りました。

  

左に流れる潮が速く、道糸が勢いよく出て行きます。
キーパーサイズは浅いタナで喰ってきているので、
少し距離を取って遠投します。
速い潮の流れの中でいかにコマセと同調させられるかを考えながら竿を出しました。
すると徐々に型があがり、30pクラスが続くようになりました。
皆さんもよく竿を曲げています。

  

良型を求めて際寄りに仕掛けを落としていくと、
竿先に重量感が走り、30p後半がヒットしました。
後半は1番右側の奥に入りました。
サラシが大きく、やり難い状況ではありましたが、
潮変わりのタイミングで30pクラスが立て続けにヒットしました。

  

PM15:00 納竿

結果は
第3位:川久保さん(5尾・2,620g)
第2位:渡邊(5尾・2,720g)
第1位:新井さん(5尾・2,860g)
新井さんが良型を揃えて流石の1位となりました。
一級磯という事もあり、グレ20〜30枚は釣れ、楽しめました。
クラブメンバーと交流を深まり、トーナメントの良い練習になる釣行となりました。

  

Copyright(C) 横浜真ぐれ会(SINCE 2000.) All Rights Reserved.